本文へ移動

法人事務局ブログ

ブログリニューアルしました!!
ホームページのリニューアルに伴い、ブログもリニューアルしました。これからも皆様のお役に立てる情報を発信できるようがんばっていきます。

法人事務局

RSS(別ウィンドウで開きます) 

介護福祉士受験対策勉強会

2018-10-11
新井頸南福祉会では、高校新卒採用者や介護の資格を持たない方の採用を拡大する中で、採用後の資格取得を支援しています。その一環として、介護福祉士を目指す職員の勉強会をしています。
就業後のわずかな時間ではありますが、8月から12月まで全9回の勉強会です。
ちょうど半ばが過ぎたところで、私たちが最も苦手とする医療的な科目の勉強です・・・なかなかやる気が出ません・・・下に曲がる右矢印(青)
そこでスペシャル講師をお招きしました点滅している星
上越保健医療福祉専門学校の非常勤講師であり当法人理事の大口知子先生ですきらきら
先生から、専門学校さながらの授業をしていただきました。
 
大口知子先生(上越保健医療福祉専門学校非常勤講師・新井頸南福祉会理事)
先生からバシバシ質問が飛んできます!
苦手だった「からだのしくみ」や「医療的ケア」について、日頃の業務と関連付けて、大変分かりやすく説明してくださいました。今まで一つひとつバラバラに持っていた知識がつながり、確かな知識となりました。
嚥下についての説明です。
小腸ってこーんなに長いんですよ~。
先生の授業は、どれも印象に残り、あっという間の1時間でした。いろいろな課題もいただき、受験対策はもちろんですが、日頃の業務に対する基本的な心構えや、ご利用者に対して自分はどうあるべきかを学ぶことができました。先生ありがとうございました口を広げてにっこりした顔合格目指してがんばります赤いびっくりマーク赤いびっくりマーク

西日本豪雨による災害のお見舞い

2018-08-08
理事長が義援金をお届けいたしました
このたび西日本を中心とした豪雨において、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
少しでも皆様のお役にたてればと、新井頸南福祉会の職員より義援金として101,661円を8月8日に妙高市共同募金委員会(妙高市社会福祉協議会)を通じ寄付いたしました。
被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

事業所表彰

2018-07-13
毎日暑い日が続いています・・・ 水分をこまめにとって熱中症にならないよう、お互い気をつけましょう!
新井頸南福祉会では毎年恒例の「暑気払い」を行いました。
今年はその冒頭で「目標達成優良事業所表彰」がありました。
多くの皆さんにご利用いただき、満足していただけるサービスが提供できるように、どの事業所も日々がんばっています。
その中で昨年度、目標を達成した6事業所が表彰されました。
これからも、皆さんに喜んでいただける事業所になれるよう、職員一同がんばります!

高校生対象応募前企業説明会

2018-07-11
上越公共職業安定所主催の「高校生対象応募前企業説明会」に参加しました。
今回の参加企業は110。高校生は23校・570名が参加しました。
企業説明は4回行われ、高校生はお目当ての企業ブースに出向いて説明を聞きます。
椅子が足りないほど大勢の高校生が集まる企業もあるなかで、当法人のブースは・・・
2名の女子高生が説明を聞きに来てくれました。介護は第1希望ではなかったようですが、これを機に介護の仕事を知ってもらい、「新井頸南福祉会」も就職先を決めるときの選択肢に入れてもらえたら、うれしいです
 
 
 
会場:リージョンプラザ
パンフレットを用意してブースで待ちます

普通救命講習①

2018-06-28
新井消防署より講師を招き、今年度1回目の普通救命講習を行いました。全職員が2~3年に1回受講することにしており、今回は22名が受講しました。
今日は朝から雨が降り気温も湿度も高く、冷房が入っているにもかかわらず、汗だくで胸骨圧迫の練習をしました
この講習は、「心停止の早期認識と通報」・「一次救命処置(心肺蘇生とAED)」に関する知識と方法を学び、職場や家庭、また地域等でそのような場面に居合わせた際、勇気をもって落ち着いて適切な対応ができるようにするためのものです。
そして講師が何度も繰り返された「予防が1番」ということ、「心停止の予防」の重要性について再認識し、基本的な声かけや環境等を見直し、併せて実践していきたいと思います。
 
みなかみの里のAEDの説明
胸骨圧迫の深さやテンポが適切かチェックします
【30年度】新卒採用開始!
0255-73-7560
エントリーをお待ちしております
エントリーはこちら
社会福祉法人 新井頸南福祉会
〒944-0025
新潟県妙高市上新保549
TEL.0255-73-7560
FAX.0255-73-7330
1.特別養護老人ホームの経営
2.老人短期入所事業
3.老人デイサービス事業
4.老人介護支援センター事業
5.老人居宅介護等事業
TOPへ戻る