本文へ移動

【ブログ】あっとほーむ北条

あっとほーむ北条

視覚障がい者研修

2020-01-29
視野5度のサングラスをかけてます。
図の説明をしています。
研修全体の様子です。
人間は、視覚から得る情報が8~9割と言われています。
お皿に醤油を差すのも、時計の時間を確認するにも、
道をまっすぐにあるにも、流れる雲を目で追うのにも、
私たちは「目」を使っています。
見えない世界がどのようなものなのか、
視覚障がい者の方々はどのように過ごしているのか
研修を通じて、見え方、点字、視覚、聴覚、触覚などを
アイマスクをして実際に職員が体験しました。
『見えない=怖い』
という人が多く、目隠しをしてアメをなめても味が
分からなかったり、物を触っても大きさやイメージして
いた物と違っていたり、見えない方に図を説明するにも、
説明する事の大変さを研修を通して体験することで、
こんなにも大変なのだと改めて学ぶことができました。
視覚障がい者の方々は、見えない以外は私たちと何ら
変わりがないと言うことは、決してぶれない軸として
忘れないことを職員で誓い合いました。
 
職員募集!【随時・新年度】
0255-73-7560
エントリーをお待ちしております
エントリーはこちら
社会福祉法人 新井頸南福祉会
〒944-0025
新潟県妙高市上新保549
TEL.0255-73-7560
FAX.0255-73-7330
1.特別養護老人ホームの経営
2.老人短期入所事業
3.老人デイサービス事業
4.老人介護支援センター事業
5.老人居宅介護等事業
TOPへ戻る